[RasPi] 初期設定(raspi-config)

このままシリアル接続で設定を少しやっちゃいます。
Raspianには専用の設定ツールが入っているので以下のコマンドで起動。

sudo raspi-config

この様なメニュー画面が表示されるので必要な個所を選択し設定します。
f:id:mukachan:20170916180511p:plain

 

1 Change User Password

最初の[1 Change User Password]は初期ユーザ"pi"のpassword変更。後に別途新規ユーザ設定をするので今回はスキップ。


2 Hostname

次の[2 Hostname]はメニューを選択すると指定できる文字が説明されるのでOKで進む。
f:id:mukachan:20170916182254p:plain

初期では"raspberry"になっているので"RasPi3"とでもしてみます。長すぎると見にくいしデフォルトは味気ないのでお好みでOK
f:id:mukachan:20170916181125p:plain


3 Boot Options

次の[3 Boot Options]ではサブメニューが表示され起動時の動作を設定出来ます。
f:id:mukachan:20170916181424p:plain


B1 Desktop / CLI

[B1 Desktop / CLI]ではブート時にデスクトップ環境の起動や自動ログインが選択出来る。
気が向いたときに遊びたいので[B3 Desktop]を選択。既存の"pi"ユーザは削除予定なので自動ログインさせない。
f:id:mukachan:20170916181713p:plain

B2 Wait for Network at Boot

ネットワークへはブート後にWi-Fi接続されれば良いのでスキップ

B3 Splash Screen

スプラッシュスクリーンも興味ないのでスキップ。

4 Localisation Options

ここの[4 Localisation Options]は地域や言語関連の設定
f:id:mukachan:20170916183804p:plain

I1 Change Locale

初期値では英語だけになっているので"ja_JP.EUC-JP"と"ja_JP.UTF-8"を探し出してチェックボックスにマークを入れる。
f:id:mukachan:20170916184440p:plain

これを設定するとシステムの標準言語を選択する以下の画面が表示されるけど日本語フォントも入れていないし、英語で十分なのでそのまま"en_GB.UTF-8"でOK
f:id:mukachan:20170916184645p:plain

I2 Change Timezone

サブメニューに戻ったらタイムゾーンの設定。
先ずは日本はアジアのはずなので"Asia"を選択
f:id:mukachan:20170916185140p:plain

首都の"Tokyo"を選択する。
f:id:mukachan:20170916185146p:plain

I3 Change Keyboard Layout

キーボードは接続してないのでスキップ。

I4 Change Wi-fi Country

この設定は何を処理しているか知らないが"JP Japan"を選択しておくと良いかと
f:id:mukachan:20170916185805p:plain

すると、日本のWi-Fiに設定したよと出ます…。 f:id:mukachan:20170916190032p:plain


5 Interfacing Options

トップメニューに戻ってインターフェース関連の設定になります。
f:id:mukachan:20170916190407p:plain

P1 Camera

カメラユニットは接続していないので省略。

P2 SSH

SSH接続は必須なのでENABLEにしておきます。
f:id:mukachan:20170916190554p:plain

使えるようにしておいたよ!って言われます。
f:id:mukachan:20170916190924p:plain

P3 VNC

リモートからデスクトップ接続したいのでENABLEにします。
f:id:mukachan:20170916191251p:plain

やっぱり、設定完了したよと表示されます。
f:id:mukachan:20170916191839p:plain

P4 SPI

省略

P5 I2C

省略

P6 Serial

既に接続しているので省略

P7 1-Wire

省略

P8 Remote GPIO

省略

6 Overclock

必要ないので省略

7 Advanced Options

ちょっとディープな設定に入っていきます。
f:id:mukachan:20170916193649p:plain

A1 Expand Filesystem

ブートイメージを書き込んだMicroSDはすべての容量を使い切れていないので領域拡張させます。
f:id:mukachan:20170916192446p:plain

A2 Overscan

省略

A3 Memory Split

RaspberryPi3はメモリに余裕があるのでビデオメモリに128MBまで割り当ててみる。
f:id:mukachan:20170916193128p:plain

A4 Audio

省略

A5 Resolution

省略

A6 GL Driver

省略

8 Update

ネットワークにつないでないので省略

9 About raspi-config

省略



ここまで終わったら"Finish"を選択して再起動します。
各パラメータが反映されて起動するはず。